すぐ会うのは厳禁!マッチングアプリの初デート前にやっておくべき3つのこと

こんにちは、つきくまです!

マッチングアプリを使っていて、相手とマッチングしたからと言ってすぐ会おうとしているそこのアナタ!

それは女性的には完全に彼氏候補からは外されてしまう行為だということ、知っていましたか?

折角手にした女性との「縁を無駄にしたくない!」とか焦る気持ちもわかります。

ですがそのガツガツした感じはいい関係につなげるのは難しいスタートとなってしまうので注意しなければいけません。

今回はマッチングしてから初デートまでに男性がやっておくべきことを3つ紹介します。

お互いのことを理解する

マッチングしました、さぁ会いましょう!という考えに帰着するのが男性の脳みその特徴。

ですがこれは女性的にはナシです。

なぜなら女性は男性と違って、少しずつ気持ちが高まっていくものだからです。

音量で例えるなら男性はスイッチ、女性はつまみ式のボタンといったところでしょうか。

まさにマッチングした直後の女性は音量が0に等しいので、徐々にボリュームアップさせる必要があります。

これが分かったところで、多くの男性は結局一気にボリュームを8割まで上げてしまうような質問をする。

例えば、いきなりどうして彼氏と別れちゃったの?みたいな(笑)

だからゆっくりって言ったじゃん。耳壊れるわ!」って感じなんですよ。

というわけではじめは当たり障りのないこと、女性のプロフィールに書いてあるようなことに突っ込んで話題を広げましょう。

質問の仕方

女性にたくさん話をさせられるような質問の仕方がベストです。

例えば犬を飼っている女性だったら、よく散歩に行くんですか?ではなく、散歩するときはどんなところを歩くことが多いんですか?といったような感じですね。

イエスノーで答えるものでなく、5W1Hと言われるいつ、だれが、どんな、どうして、何をと話を続けやすい形にしましょう。

メッセージのキャッチボール

男性が苦手なのは会話のキャッチボール。

これが苦手だから、メッセージの画面をみると質問攻め一択!みたいなことになってしまうわけです。

でもそれだと女性からすれば、小学生の時の一問一答のドリルを解いているような気分になるのだとか。

なので5W1Hの質問をした返信に注目してみてください。

必ずと言っていいほど二人の間での新出単語があるはずです。

その単語と共通するものをつなげる連想ゲームのようにするとガールズトークに近い会話が成立します。

さっきの犬の話題でこんな返信が来たとしましょう。

平日は家の周りを1周するくらいなんですけど、休みの日は車でちょっと離れた公園まで行っていっぱい走らせたりしてます。

これだけでもそれなりの新出単語がありますよね?

車、休み、公園、走るなど。

それから趣味や休みの日の過ごし方、運動をするのかなどの話題につなげられるはずです。

これを繰り返しているうちに相手のことを雪だるま式に知っていくことができます。

あ、でも連想ゲームを使うのは返答に対しての話が一通り終わってからにしておくのがいいです。

返信が来てすぐに別な話題に移すと自分に興味がないのかな?と思わせてしまいますから。

また、会話の中に自分のことを知ってもらえるようなメッセージの送り方ができるとお互いがお互いのことを知ることができるのでGOOD!

初デートまでにお互いのことを知ったら今度は理解できるレベルまでに持っていきたいですね!

相手の考えを理解するには直接の会話をする必要があるので、デートの前には一度通話で声を聴く機会を作ることをオススメします。

これをしないと女性は「会うのやめようかな?」と直前になって考えだしたりすることもあるので(笑)

これが初デート前で一番大事なことです!

初デートのプランニング

女性とのやり取りの中で好きな食べ物や趣味、休みの日の過ごし方を知っているはずです。

デートの約束を取り付けたということはそれらの女性の好みを口実にしたことでしょう。

それならば、好きな食べ物のオススメのお店を調べたり、したいと言っていたことのスケジュールを確認するなどの大まかなプランは立てておくのがスマートです。

これをしていないで行き当たりばったりでいいか!なんて考えていると当日になって店を決められなかったり良い時間に予定していたことができないと次につながらないものになってしまいます。

ガチガチに決める必要はないので、せめてそれくらいの準備はしておきましょう。

身だしなみを整える

これは前日で構わないことですが大事なポイントのひとつ。

初対面の人と会うのに髭がボーボーだったり、髪がボサボサだったら印象が悪いですよね?

顔周りの毛はスッキリさせておきましょう!

それと服装もめちゃくちゃオシャレなものでなくてもいいのでシンプルでもなるべくきれいな服を選ぶようにするのが無難です。

人間関係は出会って数分で6割の関係が決まってしまいます。

つまり、初対面で不潔な印象を与えると彼女の中では彼氏候補から外れるということ。

逆に言えば、そこで好印象なら彼氏候補にも入り込めるというわけです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

マッチングしてすぐに会おうとすることが男性にとってもデメリットしかないということが分かったのではないでしょうか?

しっかりと女性の気持ちを高めてから初デートに臨むのが二人にとってもいい選択肢になることは言うまでもありません。

これらのポイントを押さえてから相手の女性と会うようにしてくださいね!

それではまた次の授業でお会いしましょう。バイバイ!

【マッチングアプリ】初デート講座 後編

こんにちは!

前回の初デート講座では、待ち合わせから目的地での会話に深く注目して解説しました。

今回は二回目のデートにつなげるためのテクニックを紹介します!

二回目も会ってくれるようになると成功率は高まるので何としてでもつなげていきたいところです。

ですが、その時の盛り上がりによっても次があるかどうかが決まってきます。

もし、盛り上がりに欠けるなと思ったら一度立ち止まってまた通話やラインで距離を縮める作戦に移すのも大事な戦略です。

その場で二回目も会う約束をしてしまう

二回目のデートの約束はその場取り付けてしまうのがベストです!

別れた後でLINEや通話で次の約束を取り付けようとすると、どうしても成功しにくくなってしまいます。

それは対面していないので、なんとなく断りやすいからです。

画面越しなら「今手帳が手元にないから後で確認して連絡しますね!」と言われてフェードアウトということもあります。

会っているときには「ごめんなさい次はちょっと…」とは言いづらいのが想像できますよね。

どちらにしたって断られるものは断られるのですが、微妙なラインならば絶対にその場で約束してしまった方がいいです。

会話の中から次のデートの口実を探す

ただ、次も会うことに誘うのでは芸がありません。

今回が食事だけのデートならば、今度は二人で遊びに行くなどもっと踏み込んだデートに誘うのがいいでしょう。

ちなみにですが、女性の中には食事だけならデートには数えないという人も少なくないようです。

このタイプの女性には自分がいけると思って告白してみたけどまだタイミングが早いということも考えられます。

よく相手の出方を観察してみてくださいね!

 

さて、二回目のデートの誘い方です。

次のデートに誘う口実はその日の会話の中から見つけるのが最も効果的です。

例えば普段の休みには家でゴロゴロしちゃってどこにも行かないという女性が少し遠くに行きたいと言っていたら、ドライブにでも行こうと誘えばデートしてくれる可能性はたかくなります。

このドライブに当たるとことが、映画になるのかショッピングになるのか、はたまた飲みデートになるのかはその場の会話をよく注意して聞いておくこと。

これができなければ赤点は免れませんからね!

 

仮に何も見つからないときは新しい趣味を一緒に見つけられるプランを紹介してみるのも一つの手としてあります。

例えば、いつも元気いっぱいなタイプの女の子がカラオケが好きでいつもカラオケしているという話を聞いたのなら「いつもとちょっと雰囲気を変えて水族館に行ってゆったりとした一日にしようよ!」というのも僕がうまくいったことがあります!

ただ会うというのは女性にとってハードルが高いのです。

何もしないで時間だけ無駄にしたくないと思うのは男性も一緒ですよね?

女性が乗ってきやすいプランを考えましょう。特にその日の会話から!

細かな日程調整はLINEで!

どんな理由でデートが決まったとしても、その場ですぐに日程調整までしてしまうとかなりガッツいて余裕のない印象を与えてしまいます。

もちろん日程まで決められた方がこちらとしては安心できる気持ちも理解できる。

でもここは一旦抑えましょう。

とりあえず口実があるのですから日を改めて連絡するのが落ち着いた人だと思われます。

急がば回れとはこのこと。

 

「じゃあ予定はまたLINEで合せましょう!」ここまでの同意が得られれば初デートの目的は達成できたようなものです。

おめでとうございます!

まとめ

  1. その場で約束を取り付けるよう
  2. 口実はその時の会話から見つけよう
  3. ガッツきすぎないで余裕のある対応をしよう

大切なのはここでも相手の気持ちを察することです。

無理やり会う約束をしてもバックレられます。

乗り気じゃなさそうだなと思えばまた通話などで距離を詰める作戦をとることも考えておくのが良いでしょう。

急がば回れ。ですよ!

【マッチングアプリ】ネットでの出会いの相性を見極める3つの方法

こんにちは!

ペアーズで出会って仲良くなった子と付き合っていたことがあるのですが、「ちょっと思ってたのと違う・・・」時間の無駄だったなというケースがあります。

 

マッチングアプリではクラスメイトのように、相手のことを何でも知っている状態でデートに行くということは少ないものです。

 

そこで今回はマッチングアプリで出会った女の子と会っても損しない相手との相性の見極める方法をご紹介します。

 

 

体験談

まず、僕が彼女と付き合って別れるまでの流れを話します。

 

彼女とマッチングをしたのは何気なく毎日の無料いいねを送ったことから始まりました。

別にマッチングしなくてもいいと思いながら送ったいいねで彼女と出会ったので、とりあえずあいさつ。

 

するとすぐに返信がありました。

そのままメッセージを続けて一通りお互いのパーソナルな情報を交換し、それまでにあまり感じなかった心地よさみたいなものを感じていました。

 

話が弾んだので彼女の仕事の休憩時間に通話をしてみることに。こちらでもお互いに心地よさを感じてました。

 

次第に通話の回数も増えて、夜には寂しさからかちょっとエッチな雰囲気になったのでかなり親密になることもしばしば。。。

 

会いたくなったので翌日の彼女の仕事終わりに飲みに行くことになったのです。顔は写真とそれほど変わらず、一安心。通話もしていたのでそれほど緊張もせずに会話を楽しみました。

 

お酒も入り、この後どうしようか?という話の流れになったのでそのままホテルへ。

一夜を共にし、翌日の夜に通話で付き合うことに決めたのです。ここまでは一見するとどこに問題があるのかと思うでしょうが、この後が大変だったのです。

付き合ってから別れるまではそれほどの時間を要しなかったのです。

 

付き合ってから二回目のデートの日、その日は午前中から遊びに出かけていました。映画を見てランチして、午後は買い物。という普通のデート。

 

ですがこの中にいくつも二人の間に好き嫌いの別れる時が何度かありました。最も二人を分けたのはCDショップでのこと。

たくさんのCDが並んでいる棚を一緒に歩ていると、ある男性アイドルの写真集が目に入りました。僕はその表紙が全く好みではなく、「センスないなぁ似合ってない。」と言ってしまいました。ところが彼女はそのアイドルの大ファンだったようで、マジギレ。

 

その後どれだけ謝っても、ごきげんをとっても険悪な雰囲気で最悪の状況。そのままデートは終わることに。例によって通話が二人の連絡手段だったので、電話をしましたが、彼女から別れを告げられました。

 

この時の彼女との時間は約二か月。あっという間でしたがこれほど時間の無駄になったと思ったことは後にも先にもこの時だけ。

 

マッチングアプリでここまでの関係に発展したのなら上出来だと思います。しかし、これはもっと深く彼女のことを知っていたら防げた別れだったかもしれません。この例を使って相性診断をしていきたいと思います。

相性診断

結論から言えば僕たち二人の出会いから付き合うまではかなり成功パターンだと言えます。

別れてしまった原因はこんな感じ。

  • お互いの好き嫌いを知っている分量が少なかった
  • お互いに人間的に幼かったので相手を理解するという気持ちが足りなかった

主な理由はこんな感じでしょう。

 

ということはマッチングアプリでの出会いに問題はなかったということになります。ここまで来るとリアルでの二人の問題なので、マッチングアプリでの出会いは成功なのです。

 

では見極める方法を見ていきます。

メッセージ

マッチングアプリを長く使っているとメッセージの段階でこの人とは相性がいい悪いという判断がなんとなくできるようになってきます。

 

例えば

  • お互いに求める質問の回答がスムーズに返ってくる
  • メッセージを送る頻度やタイミングが同じ

初期段階としてこれくらい二人の連絡における性格が近ければ相性は悪くありません。メッセージの中でどれだけ深い話ができるかということよりこの2つを見た方がいいでしょう。

 

マッチングアプリのメッセージでの目的として、相手のことをより深く知りたいと思うかということに設定するのが一つの指標になります。知りたいと思えばその先の通話や会うことを考えればマッチングの精度は高いものになるのです。

深い話は通話or直接会ってからでも遅くはありません。

 

メッセージだけの関係のときに深い話をすると、誤解が生じやすいのでそれだけで破たんするということも考えられます。

メッセージのテンポが良ければ通話か会ってお話をするという展開に持ち込むという流れを確立するとスムーズです。

 

通話が好きな相手ならば通話、苦手ならランチにでも誘って話をすると良いでしょう。相手に合わせた戦略をとっていくのがベターです。

通話

これまでの経験から、マッチングアプリでの出会いで距離を詰めるのに有効なのはやはり通話だと思っています。

特に夜に通話をすることが多いので、確かめることができる相性チェックは

  • 好きなものや嫌いなものが一緒かどうか
  • Hな気分のスイッチが入るタイミング
  • お互いの会話のテンポ

これらのポイントは付き合ってからも重要な項目なので通話の時間が長い方がマッチングアプリ恋愛成功のカギとなります。

 

特に女性は男性よりも耳で恋をするタイプなので、耳の攻略が女性の攻略になると言っても過言ではありません。

また、好きなもの嫌いなものどちらが一緒の方が良いかという問題に関しては、嫌いなものが同じ方がうまくと思います。

 

好きなものが違っても、お互いに「あ、それ好きなんだ!」となりますが、嫌いなものが違うと厄介です。

 

僕の例でもそうでしたが、嫌いなものを相手が好きだったりすると一巻の終わりということになりかねません。

 

彼氏の嫌いなものと彼女の好きなものが一緒。またはその逆は避けたいパターンです。

しかし、これをお互いが、理解し合おうとする気持ちがあれが乗り越えることができます。

 

僕の場合も喧嘩しても彼女を引き留めたい気持ちがあれば、避けられた別れだったかもしれません。ただ、マッチングアプリ初の彼女だったので、こんなものかと思ってしまったのが良くありませんでした。

いきなり会う

通話が苦手だという相手には会って話をしてしまう手もありです。あくまでもメッセージの相性がいいなと思ってからにするべきですが。

 

いきなり会うことのデメリットは相性が良くないかもしれない相手に時間を割かなければいけないということです。

 

ましては初めの時期は食事代を払った方が成功率も高いのでお金もかかってしまうこともあります。

 

ただメリットとしてはその場で、すぐにその子との相性や自分の気持ちがわかるということ。ちょっと時間とお金がかかってもいいかなと思えるのであれば会ってみるのは大アリです!

まとめ

相性を確かめるポイントはありますが、最終的に判断するのは自分の気持ちによるものです。

 

自分のタイプの子なのかどうか、呼吸が合うのかに関しては自分自身で探るしかありません。

 

ただ一つ言えるのは自分の気持ちだけを押し付けるように進めてしまってはうまくいくものもうまくいきません。

普通の出会いとは形が異なるので、その辺はより慎重にアプローチしていきたいですね!

また、付き合って終わりではないのが恋愛です。どう付き合っていくのか相手を理解するにはどうすればよいのかまで考えなければいけません。

 

二人の関係も時間とともに変化していくので、変化を楽しむ気持ちを持つのが大事なのだということを頭に入れておきましょう。

【マッチングアプリ】初デートの前にするべき大切なこと

マッチングアプリで女性との初デートが決まったとマラソンのゴールした時のような気分でいませんか?

デートの約束をしたからと言ってあぐらをかいていてはいけません。

初デート前に何の準備もしないで、ただ会おうとしていると直前になって困ったことが起きたりするものです。

 

そうならないためにするべき大切なことを学んでいきましょう。

 

直前で起きる困ったこと

デートの約束はした!これであとは当日楽しむだけだ!と思う気持ちもわかりますが、しっかりと当日のイメージはできているのでしょうか?

直前になって困ること

  • 会って何をするか決めていない
  • 店を決めていない(決められない)
  • 彼女がどんなものが好きなのかなど知らない
  • ドタキャンされる

などなど。

 

前日になって「そういえば明日何をしようか」なんて迷っていると、デートの日は来てしまいます。

 

そんな状態で彼女に会えば、ガッカリされることは免れません。

 

会って何をするのか決まっていなかったり、女性に「私のこと何も知らないじゃん!」と思わせてしまってはそこでゲームセット。

 

そもそも、直前で会うだけの価値がないと思われればドタキャンされるという最悪のパターンも考えられるのです。

そうならないために出来ることがあります。学んだら早速実践していきましょう。

 

やらなきゃ意味ないよ?

 

するべき準備

ということで、初デートを迎える前にやるべきこと基本を確認します。なんだかわかりますか?

 

ズバリ、相手のことを想う気持ちこれが重要です。

 

約束をするときは、何かしら理由をつけて誘うことができたとしても直前になってこの人やっぱり会うのやめておきたいなと思われるとそれまでの努力が水の泡。

女性のことを知っているだけではなく、女性にもあなたのことをよく知ってもらうことが大切です。

「会う理由はできたけど、この人のこと何も知らない。ヤリモクだったら嫌だし。」と女性は心配しちゃうもんなんです。

では詳しく解説します。

彼女のことを再度リサーチ

これまでのやりとりで彼女のことをしっていると思い込んでいるのは危険です。

他の人とのやり取りで情報の入れ違いや重複のせいで、彼女のことではないことを当日に話してしまったらもう後の祭り。

 

完全に終わりだとは言わないまでも、しっかりと先を観たい彼女なのであれば絶対そんなことはしたくありません。

 

ですので、前日には再度彼女とのメッセージを読み返したり、プロフィールを見直すという作業はデートの成功率をアップさせるうえでも非常に役に立ちます。

 

必ず確認しておきましょう。

店やデートコースをリサーチ

理由があってお誘いに成功したのなら何をするのかと迷うことはないかもしれません。その場合、予定していた映画のチケットを取っておいたり、ドライブをするなら掃除を済ませておくなどできることは限られてくると思います。

しかし、決まっていないのならば考えなけらばならなりませんし、ご飯を食べる店を決めておかないと優柔不断で頼りがいがないという印象を与えかねません。

ですので、それ以前のやり取りの中で好きな食べ物などを聞き出しておけるとスマートに見せ選びもできるはずです。

そういった女性をリードできる計画的なデートをすることで、また次会っても楽しませてくれるだろうと期待させることができます。

 

更に仲を深めるやり取り

直前で一番困るのはやはりドタキャンされてしまうことですよね。これはマッチングアプリを利用する男性ならば一度は経験したことがあるはずです。

僕自身も何度経験したかわかりません。その都度日程を調整したのに急に空きができてしまうし、それまで時間をかけたのがムダになってしまいます。その度に自分の何が良くなかったのかと考えました。

しかし、女性にも理由があります。男性に比べて多くの人とのやりとりをしていて、あなたより好条件の男性を見つけてうまくいきそうだという場合にはそっちに本腰を入れたくなってしまうので、あなたとの関係はもういいかと切られてしまいます。

狙った女性があなたよりいい条件の男性に取られる。つまり。あなたは現代社会の生存競争で1つの敗北を経験することになります。

 

そうならないための答えは簡単です。

 

その生存競争に勝てばいい、これだけなのです。

 

「でも、そんな他の好条件の男に勝てっこない。」と消極的になる必要は全くありません。

好条件男子が彼女と付き合ってしまうわけではありません。ですので、必勝法は最速でその女性と仲良くなる。

 

本気で落としたいと思う女性ならばこれくらいの覚悟は必要です。負けるならば、彼女はあきらめるしかないという具合です。

しかし、通話なりメッセージなりで彼女の中で一番仲の良い状況を作り出せたのならば、初デートまでにドタキャンをされる可能性は低いと言えます。

 

大事なことは相手を想う気持ち。ですよ!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。これまでの女性との初デートでなぜか関係性が終わってしまうという経験があった方はもっと綿密な準備を心がけてみてください。

 

そもそも初デートを打ち切りになってしまった人は他の男性に負けたのだという自覚を持ちましょう。

マッチングアプリは現代における生存競争のフィールドなのです。

テキトーにやっているのでは勝ち目はありません。そして今回の記事だけですべてを理解できるなんて思うのも大間違い。

こうしたやりとりは生ものです。似通っていても二つとして同じものはありません。

 

だからこそあなた自身の頭でよく考え、相手のことを想う。この気持ちがなければ、お付き合いに発展することはないと考えてください。

 

考えるお手伝いはするのでね!