【モテる男子の特徴】 女性が語るモテるオトコの条件5選

こんにちは

人生でモテキは3回あると言いますが、体験したことはありますか?20代までに一度もないという男性も少なくなさそうです。

 

そこでマッチングアプリで数々の女性と会い、どんな男性がモテるのか分析しました。すると5つの条件がそろっている男性がモテているという判明したので、今回はその条件をご紹介したいと思います。

 

自分に何が足りないのかと考えながら読んでみてください。

モテない男と何が違うのか

モテる男性には共通する心のスタンスを持っています。

それは、自分以外の周りの人に対して与える気持ちが大きいということです。

これは自分のことしか考えられずいつも自己中心的だということです。

もちろん人に与える精神を持つためには自分自身を愛するということは必要です。

しかし、それに手いっぱいになっていたら女性はそのまま自己中だなと感じるものです。

モテる男性はこの自己愛+他人への思いやり2つを兼ね備えており、その他人への思いやりが今回紹介する5つの条件となって表れるということなのです。

 

1.自信に満ちている

日々の生活でなんでこの人はこんなにもキラキラしたオーラがあるのかと思う人がいると思います。

彼らは自分に自信を持っているのです。その自信から心の余裕は作り出されます。こうした余裕が仕事や恋愛において、飢えていない落ち着いた雰囲気を醸し出し、女性は男らしさを感じるのです。

その魅力に気づいた女性は彼らに引き寄せられるので、いつも彼らの周りには女性が絶えないのでしょう。

その余裕から、女性に対してガツガツせずに狙った女性だけにアプローチを集中することができるのです。

そんな男性からアプローチされた女性はモテているのに私だけ!?とイチコロ。

2.いつも笑顔

街を歩く時の自分の表情、意識したことはありますか?たいていの人は無表情です。口角は下がり、瞼も半開き。対してしっかりと上がった口角のさわやかな笑顔。

さて、どちらが魅力的でしょうか?

言うまでもありませんね。

 

笑顔でいるとそれだけで親しみやすい雰囲気で男女問わずに人を引き寄せます。これにはオープンマインドであることが大きな理由です。

 松岡修造さんも親しみやすさ全開ですよね!

(熱すぎるのも…ですが笑)

人と関わるのが好きで、話しかけやすい笑顔はそんな心の状態からきているもだと言えます。

これに気づいたあなたはもう大丈夫今すぐ笑顔の練習をしてみましょう。

3.清潔感がある

清潔感があるということは何もオシャレをしろということではありません。

 

しわしわのシャツを着たり、穴の開いたズボン、まだ着られるからと言ってそれで出かけたりしていませんか?安くても新しい服を買いましょう。

服装は自身の美意識を表します。不潔な格好をした男性は女性からすると論外、その時点で選考落ちします。

なぜかというと、女性はほとんどの人がオシャレに気を使ったり、お金をかけているからです。二人で歩いていて、「私はこんなに頑張ってるのに、あなたはどうしてそんな格好なの?」となる未来が見えてしまうからです。

 

また、服装だけでなく、髪型や爪、肌の手入れも必要最低限はやりましょう。これは今すぐにでもできますし、逆にできていないのであれば問題です。

あくまでも身だしなみの一部です。「男は肌を気にする必要なんてない!」とくだらないプライドは捨てて、今日から始めてください。

4.成長意欲がある

仕事や夢などに一生懸命になって、次から次へと自分のレベルを上げようと頑張る人は自然とその人の輝きを増加させます。

人の心を動かすのはいつの時代も一生懸命になっている人です。

その姿がとても人間味溢れていて表情に魅力を与えます。特に仕事というのはこの時代における生存競争と言っても過言ではありません。

仕事ができるオトコ=強いオスという図式が完成します。

もちろん自然界の動物もメスはいつも強いオスを求めています。人間といえど本能の部分は他の動物と大きな変わりはないのです。

5.完璧を求めない自然体

何事にも完璧を求める人はいつか疲弊してしまう。そのことをわかっている男性は自分の弱さや不完全さをしっかりと認めることができます。

だから、成長意欲が高いのだとも言えます。

また、そういった考え方ができる方がずっと自然体で無理をしない生き方だとも言えます。

それが恋愛においても無理をしない様子が浮かびますよね!

まとめ

モテる男性に共通するのは男性として魅力的である以前に、人間として魅力的尊敬できる部分が多い人なのです。

 

今回の記事をみて自部磨きを始めようと思ったのならば、人として尊敬させる人間を目指すことが結果的にモテる男性へと成長させてくれるはずです。

 

モテることが目的になっていては実現するのに時間がかかるのです。

まずはやれることからコツコツと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です